【ロンドン共同】ノーベル賞の運営団体「ノーベル財団」は23日、スウェーデンのストックホルムで例年12月10日に開く授賞後の晩さん会を、昨年に続き今年も中止すると発表した。新型コロナウイルスの流行収束の見通しが立たないため。授賞式はストックホルムで行うが、受賞者は出席せず、各居住国などで表彰を受ける予定。

 ただ、同じ日にノルウェーのオスロで開かれるノーベル平和賞の授賞式については、同国のノーベル賞委員会が受賞者の出席が可能かどうかを検討中で、10月中旬に最終判断を発表する。

 授賞式の様子はテレビやインターネットで中継する。