【ジュネーブ共同】ギリシャ・オリンピック委員会は22日、来年2月に開催される北京冬季五輪の聖火採火式を同国オリンピアで10月18日に、北京五輪組織委員会への引き継ぎ式をアテネで翌19日に、いずれも無観客で実施すると発表した。新型コロナウイルスを考慮したもので、ギリシャ国内の聖火リレーは大幅に短縮し、数人がオリンピアを走った後にアテネに運ぶ。

 昨年3月に行われた東京五輪の採火式と大会組織委員会への引き継ぎ式も無観客だった。