中日が1―3の九回に追い付き、引き分けに持ち込んだ。連打で好機を広げ、大島の適時打で1点をかえし、代打福留の適時二塁打で同点とした。阪神は八回に大山が2点打を放つも、抑えのスアレスが打ち込まれた。