共産党は22日、衆院選公約に盛り込む経済政策を発表した。新型コロナウイルス禍への対応として、生活が困窮している人に一律10万円の特別給付金を支給するのが柱。4野党で合意した事実上の共通政策の項目に具体的な数字を入れ、消費税率5%への引き下げや、最低賃金を全国一律時給1500円に引き上げることを打ち出した。

 医療体制の強化策として、感染症病床や救急用病床の増強に向けた国の補助金を倍増するとした。保健所予算も2倍にし、保健所数と職員数を大幅に増やすと明記。感染症研究に関する予算の10倍増もうたった。