塩野義製薬が希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であることが22日、分かった。大学院での勉強や資格取得のための機会を提供することで社員の能力アップを促し、新規ビジネスの創出などにつなげるのが主な狙い。制度開始に合わせて社員の副業も解禁する。

 介護や育児のための制度利用も認める。週休3日を選んだ場合、給与は週休2日の8割程度になるという。入社3年未満や管理職は対象外とする。大学院などでの学び直しを支援するために年間で最大25万円を補助する既存の社内制度も活用できる。

 企業の週休3日制は、政府も導入を促す方針を示している。