オリックスが土壇場で追い付き、引き分けた。4点を追う九回に吉田正の2点二塁打と杉本の22号2ランで同点とした。日本ハムは五回にR・ロドリゲスのソロなどで3点を勝ち越して優位に進めたが、B・ロドリゲスが崩れた。