【上海共同】中国上海市の公安当局は2日までに、広東省東莞市の工場でウルトラマンのフィギュアなどの模造品をつくったとして、男女3人の容疑者を逮捕した。9種類、2万個以上を販売し、売上額は400万元(約6800万円)に上った。中国メディアが2日、報じた。

 上海市の男性が今年3月と6月、インターネット上でウルトラマンのおもちゃを購入。愛好家から「塗料の色に偏りがあり関節部分の作りが粗く、明らかに偽物だ」と指摘されたためバンダイに連絡し、通報を受けた上海市の公安当局が7月22日に3人を逮捕した。

 容疑者の1人はバンダイの工場で品質検査を担当していたことがあった。