国家公務員制度を所管する河野太郎行政改革担当相と川本裕子人事院総裁は2日、長時間労働の是正など中央省庁の働き方改革を加速化するため、連携を強化することで一致した。河野氏の呼び掛けで「内閣人事局・人事院連絡会議」を設置し、定期的に意見を交わしながら改革を進める。

 連絡会議の初会合を同日開催し、オンラインで共同記者会見に臨んだ。国家公務員の志望者が減少傾向にあり、若手職員の離職も目立つことを踏まえ、河野氏は「霞が関を維持するには、優秀な人材の確保や働き方改革が死活的に重要だ」と強調。川本氏も「テレワークの活用など働きやすい環境整備が求められている」と述べた。