【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは2日、北朝鮮の平壌郊外にある美林飛行場に、最大1万人の兵士が集まり大規模な軍事パレードの準備を進めている可能性があると報じた。韓国政府関係者らの話としている。ここ数日に観測された動きで、輸送用の車両も確認されたという。

 9月9日の北朝鮮の建国73年や、10月10日の朝鮮労働党創建76年の記念日に合わせたパレードの準備の可能性があり、韓国当局が注視している。

 昨年の10月10日は党創建75年の節目に当たり、北朝鮮は軍事パレードを行って同国最大級の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を公開し、核戦力の増強を誇示した。