フジサンケイ・クラシック第1日(2日・山梨県富士桜CC=7566ヤード、パー71)濃霧による視界不良で中断し、52人が競技を終えられずにサスペンデッドとなった。2週連続優勝を狙うスコット・ビンセント(ジンバブエ)が67で暫定首位に立った。1打差でアマチュアの杉浦悠太(日大)、古川雄大らが並んだ。

 今大会2度制している石川遼は69、今平周吾は71で回った。前回覇者の星野陸也は3ホールを残して2アンダー。(賞金総額1億1千万円、優勝2200万円、出場120選手=アマ2、雨、気温17・0度、南東の風2・1メートル、観衆234人)