本州付近に停滞する前線の影響で、西日本と東日本では3日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとし、気象庁は2日、竜巻などの激しい突風や落雷、局地的な非常に激しい雨に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、中国大陸から本州付近を通り日本の東に延びる前線や、前線上の低気圧に暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる見込み。特に、九州北部では3日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。

 2日は福岡県八女市で1時間に74・0ミリ、長崎県壱岐市で62・5ミリの非常に激しい雨を観測した。