梶山弘志経済産業相は2日、脱炭素社会実現に向けて水素、アンモニア分野の共同研究などでロシアとの協力を促進する共同声明に署名した。署名式はオンライン形式で開かれ、ロシア側はシュリギノフ・エネルギー相が出席した。

 ロシアは世界有数の天然ガス生産国で、日本にも液化天然ガス(LNG)を輸出している。天然ガスは水素を製造する際にも使われ、脱炭素化にとっても重要な資源。経産省は調達先の多角化を目指し、資源国との連携強化を進めている。

 共同声明には水素やアンモニアを含む次世代エネルギー開発の加速のほか、情報交換や人材育成を進めることなどが盛り込まれた。