立憲民主党の安住淳国対委員長らは2日午前、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会い、自民総裁選前の臨時国会召集要求を政権が拒否したことに抗議する野党4党の声明文を提出した。声明文は「明白な憲法違反であり、国権の最高機関としての役割を放棄するに等しい」と批判した。

 立民のほか共産、国民民主、社民各党の国対委員長が名を連ねた。新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「速やかに召集し、補正予算をはじめとする措置を取ることが必要不可欠だ」と訴えた。

 野党は、憲法53条に基づく臨時国会召集の要求書を7月に提出した。その後、9月7日から10日間の会期で開くよう自民に求めた。