世界三大映画祭の一つ、第78回ベネチア国際映画祭が1日(日本時間2日未明)、イタリア北部で開幕した。開幕上映はペネロペ・クルスさん主演、ペドロ・アルモドバル監督の「マドレス・パラレラス」が飾った。

 最高賞「金獅子賞」を競うコンペティション部門には同作やジェーン・カンピオン監督作など21本が出品。日本作品は選ばれなかった。

 日本関連では、斬新な作品を集めたオリゾンティ部門に湯浅政明監督のアニメ「犬王」が、同短編部門に山下つぼみ監督の「かの山」が、それぞれ選出。バーチャルリアリティー(VR)部門に伊東ケイスケ監督のアニメーション「Clap」が出品されている。