東京都墨田区の私立高3年鷲野花夏さん(18)の遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市の夫婦のうち小森章平容疑者(27)が「車で自宅を出た後、妻に(鷲野さんを)殺そうと言われた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁向島署捜査本部は妻和美容疑者(28)が殺害を持ち掛けたとみて調べる。

 捜査関係者によると、話し合いのため鷲野さんを車で連れ出した両容疑者が「鷲野さんを家に帰すつもりだった」という趣旨の供述をしていることも判明。静岡県に住む鷲野さんの親戚宅に向かう予定だったといい、道中でトラブルになった可能性がある。