【天津共同】中国の王毅国務委員兼外相は1日、バイデン米政権で気候変動問題を担当するケリー大統領特使とビデオ通話で会談し、米中対立が続けば気候変動分野での協力は難しいとの認識を伝えた。中国外務省が発表した。

 王氏は米中が安全保障や経済分野で対立する中、米国が気候変動を巡る協力を米中関係の「オアシス」にしたいと望んでいると主張。しかしオアシスの周りが「砂漠」のままであれば、オアシスも遅かれ早かれ砂漠化すると指摘。その上で「気候変動分野での協力は、中米関係を取り巻く全体的な環境と切り離せない」と強調。中国を脅威とみなし圧力をかける動きもやめるべきだと求めた。