陸上の日本学生対校選手権最終日は19日、埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害は東京五輪代表の三浦龍司(順大)が8分32秒47で2連覇した。女子は吉村玲美(大東大)が日本歴代2位の9分41秒43で3連覇。

 男子110メートル障害は五輪代表の泉谷駿介(順大)が13秒29の大会新記録で優勝。同三段跳びは伊藤陸(近大高専)が日本歴代3位の17メートル00で3連覇した。女子200メートルは五輪400メートルリレー代表の斎藤愛美(大阪成蹊大)が23秒76で制し、同代表の児玉芽生(福岡大)は3位だった。