山梨県警は17日、東京パラリンピック警備のため派遣された東京都内で飲酒した上で一般の人と口論した30代の男性警部補1人と、上司の警官2人の計3人を減給1カ月の懲戒処分とした。

 県警によると、警部補は8月28日、パラリンピック警備のため特別派遣された都内で数人と飲酒し、一般の人と口論した。上司2人は、警部補を監督する立場にあった40代の男性警部と50代の男性警視という。

 トラブルを受け、派遣されていた全員が帰任していた。