広島が逆転し、連敗を4で止めてこのカードの勝ち越しを決めた。正随が五回に適時打、七回も逆転の1号3ランを放って計4打点。中日は連勝が5でストップ。2年ぶり先発の笠原が5回1失点と粘ったが、救援の福が打たれた。