【北京共同】中国国家統計局が15日発表した8月の消費動向を示す小売売上高は、前年同月比2・5%増だった。増加率は前月から6・0ポイント縮小し、新型コロナウイルスの再流行や洪水災害を受けて消費の減速感が鮮明となった。

 通信機器や新車販売の苦戦が目立った。

 同時に発表した8月の工業生産は5・3%増で、増加率は前月から1・1ポイント縮小した。