大阪府と大阪市は14日、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の開発企業「スカイドライブ」(東京)と連携協定を結んだ。府市は事業推進に向け、実証実験などで支援する。吉村洋文知事は2025年大阪・関西万博までの実用化を目指しており、協定締結式で「来年、大阪でデモフライトを実現させたい」と強い期待感を示した。

 協定では大阪の活性化や万博に向けた機運醸成などを目的に、空飛ぶ車のビジネス化や環境整備に向けた連携、協力について確認。実証実験に加え、セミナーやイベントを開催して空飛ぶ車に関する情報を発信したり、府内の中小企業との商談機会を設けたりする。