14日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。2月16日に付けた取引時間中のバブル経済崩壊後の最高値3万0714円52銭を更新し、一時1990年8月2日以来約31年ぶりの高値水準となった。新型コロナウイルス新規感染者の減少傾向やワクチン接種の進展が好感された。新政権による経済対策への期待感も引き続き相場を支えた。上げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前日終値比115円05銭高の3万0562円42銭。東証株価指数(TOPIX)は8・53ポイント高の2106・24。TOPIXも一時約31年ぶりの高値を付けた。