日本、米国、韓国は14日、北朝鮮担当高官による協議を東京都内で開催した。北朝鮮による新型長距離巡航ミサイル発射報道を受けた対応について話し合い、対話と制裁を通じて北朝鮮の非核化を目指す方針を再確認した。外務省幹部が明らかにした。

 外務省の船越健裕アジア大洋州局長は、発射報道を念頭に「日米韓協力は北朝鮮の核・ミサイル開発に対処する上で重要性を増している」と強調。米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は「前提条件なしの対話の呼び掛けに、北朝鮮が前向きに応じることを望んでいる」と述べた。韓国の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長は、北朝鮮への人道支援の可能性に言及した。