スポーツクライミングの世界選手権(16日開幕・モスクワ)に臨むTEAM au所属の3人が出発前日の13日、オンラインで記者会見し、東京五輪男子4位の楢崎智亜は「五輪では緊張した表情で登ることが増えてしまっていた。楽しんで自由に登る姿を見せたい」と話し、ボルダリング2連覇を目標に掲げた。

 藤井快は「ボルダリングは今シーズン、調子よく登れている。(表彰台の)真ん中に乗りたい」と意気込んだ。女子の伊藤ふたばは右肘を痛めていることを明かし「ベストな状態ではないけど、できることをやって決勝に行ければ」と話した。