KDDIは13日、人工衛星を活用した通信サービスの実用化に向けて、米宇宙企業スペースXとの業務提携を発表した。山間部や離島など、携帯電話の通信網の整備が難しい過疎地でも、つながりやすい通話や通信サービスを提供する。2022年の実用化を目指す。

 KDDIの高橋誠社長がオンラインで記者会見し、サービスの詳細や提携の狙いを説明する予定。

 携帯電話の利用者に追加料金は発生しない。新サービスでは、高度500キロ強の低軌道を周回するスペースXの人工衛星を活用し、通常の衛星に比べて高速大容量で通信できるのが特徴という。