大阪府警中堺署は13日、管内に住む465人分の住所や氏名、電話番号などの個人情報を記載した居住者名簿を地域課の男性巡査(21)が紛失したと発表した。巡査は名簿を基に各世帯を回って防犯指導する巡回連絡をしていた。個人情報の悪用は確認されていないという。

 署によると巡査は12日午後、バインダーに挟んだ名簿を見ながら訪問先の住所を確認していたところ、無線で指令がありスクーターで別の場所に移動。現場に到着後、再びバインダーを出そうとして紛失に気付いた。

 中堺署の池上博一副署長は「多大な迷惑をかけおわび申し上げる。再発防止に努める」とコメントした。