【北京共同】朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の国防科学院が11、12両日に新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと報じた。ミサイルは同国領土と領海内に設定した楕円と「8」の字形の軌道に沿い、2時間6分20秒にわたり1500キロ飛行し、目標に命中したとしている。

 北朝鮮は今年1月の朝鮮労働党大会で多様な核攻撃手段の開発を進める方針を打ち出しており、これを着実に進める姿勢を改めて示した。北朝鮮がミサイル実験を公表するのは、今年3月25日に2発の弾道ミサイルを日本海に発射したことを翌日に報じて以来。1500キロの飛行が事実なら日本の大半が射程に入る。