強い台風14号は13日、東シナ海を時速約30キロで北寄りに進んだ。14日にかけて東シナ海を北上し、その後は停滞。17日までに進路を東寄りに変えて対馬近海に進み、西日本に近づく恐れがある。

 気象庁によると、台風は13日正午現在、中心気圧960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径75キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

 台風は12日に勢力が「非常に強い」から「強い」に変わった。また、台風13号は同日、南シナ海で勢力が衰え、熱帯低気圧に戻った。