巨人が連敗を6で止めた。1―1の七回2死無走者で小林の2年ぶりの本塁打で勝ち越した。菅野が中4日で先発し7回1失点で4勝目。畠はプロ5年目で初セーブ。広島は3試合続けて1得点と打線が振るわず3連敗を喫した。