12日午前、長崎県沖で貨物船と小型船や、プレジャーボート同士が衝突する船舶事故が相次いだ。計2人が死亡した他、1人が行方不明、1人が負傷した。佐世保海上保安部と平戸海上保安署は13日、それぞれ業務上過失致死傷などの疑いで、貨物船の2等航海士の男と、プレジャーボートの船長の男を逮捕した。

 佐世保海上保安部によると、12日午前3時半ごろ、佐世保市黒島沖で、貨物船「21盛山丸」(498トン)と男性3人が乗った小型船が衝突した。小型船は転覆し、68歳が死亡、71歳が行方不明、12歳が頭にけがを負った。3人は釣り目的で貨物船は那覇市から福岡市に向かっていたという。