【ニューデリー共同】インドとオーストラリアは11日、初めての外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をインドの首都ニューデリーで開催した。インドが2プラス2を開くのは日米に続き3カ国目で、日米豪印の枠組み「クアッド」の安全保障面の連携を強め、海洋進出を続ける中国に対抗する方針だ。

 協議で双方は、両国軍が情報共有や後方支援で一層の連携を図ることで合意。インド側は防衛装備品の共同開発で関係を強化したいと表明した。

 アフガニスタン情勢も議論。インド外相は協議後の会見で、米中枢同時テロから20年が経過したことに触れ「テロと妥協せずに戦い続けることが重要だ」と訴えた。