花を手に、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が11日、各地で開かれ、東京では新型コロナウイルス禍のためオンラインで実施した。刑法の性犯罪規定の見直しについて法制審議会で議論が始まるのを前に、社会の関心を高める必要性を訴えた。

 オンラインデモには、性風俗やAV産業で搾取される女性らへの支援をするNPO「ぱっぷす」(ポルノ被害と性暴力を考える会)の金尻カズナ理事長が参加。法制審に先立って議論した法務省の検討会が、5月にまとめた報告書の内容について「両論併記で(法制審でも議論の)行方は不透明」と懸念を示した。