【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平への差別的な発言があったとしてテレビ局から無期限の出演停止処分を受けていた通算254勝の元タイガース投手ジャック・モリス氏が10日、職務に復帰した。「無神経な発言を心から謝罪したい」とした上で「大谷翔平と、彼が球界にもたらしていることには最大限の敬意を持っている。私は彼の最大のファンの一人だ」と語った。

 同氏は8月17日のタイガース―エンゼルスで解説を務め、打者・大谷への対策を問われた際、アジア人のアクセントをまねた返答が差別的とされた。試合中に謝罪はしていた。