新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3回目の接種について、政府が来週にも専門家らによる本格的な議論を始めることが10日、分かった。年内の接種開始も視野に専門家で構成する厚生労働省のワクチン分科会で議論し、11月ごろまでに対象者や接種体制を具体化していく。異なる種類のワクチンを用いる「交差接種」についても検討する。

 9日時点で国民の61・9%が1回目、49・8%が2回目の接種を終え、先行して始まった米国にほぼ並んだ。政府は11月初めごろまでに希望する人への接種終了を目指しており、3回目の開始はその後になる予定。