新型コロナウイルスワクチンの接種進展に伴う政府の行動制限緩和策を巡り、大阪府の吉村洋文知事は10日、政府が10月にも実施予定の実証実験に、飲食分野を中心として参加する方向で検討していると明らかにした。「飲食店に(時短営業を)お願いし続けている。大阪は食の街だし、コロナと共存できる道を探したい」と府庁で述べた。

 吉村氏は、大阪市内の繁華街の飲食店を対象に、府の感染対策認証制度「ゴールドステッカー」を活用して実証実験を行いたい考え。飲食以外でも参加を模索しているが、イベントについては「大阪は(実験)対象となるような大規模イベントは少ない」と述べた。