織田信長や明智光秀による「比叡山焼き打ち」から今年で450年の節目となるのに合わせ、天台宗総本山比叡山延暦寺(大津市)は12日、信長と光秀の子孫を招いて犠牲者の慰霊法要を営む。オンライン形式によるシンポジウムで、両者らが特別対談をする。

 焼き打ちは元亀2(1571)年9月12日で、延暦寺は「元亀の法難」と呼んでいる。法要は境内に鎮魂塚を建立した1992年以降、同日に毎年実施。敵も味方もなく施すべきだという「怨親平等」の精神で、犠牲者だけでなく信長自身も殉難者として供養してきた。

 光秀は焼き打ちで重要な役割を果たしたとして、領地を与えられた。