猛烈な台風14号はフィリピンの東を進み、12~13日に沖縄・先島諸島にかなり接近する見通しとなった。次第に風が強まり、海は猛烈なしけになりそうだ。気象庁は暴風や高波に備え、早めの対策を呼び掛けている。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫にも警戒が必要になる。

 台風14号は発達のピークを迎えており、気象庁が10日公表した気象衛星の画像では中心部の「目」がはっきりと確認できた。

 気象庁によると、12日は石垣島を含む八重山地方で最大風速30~40メートル、最大瞬間風速40~60メートルと予想され、波の高さはうねりを伴って9メートルを超えるとみられている。