菅義偉首相は10日、東京都杉並区の区立天沼小学校を訪問し、新型コロナ感染対策やオンライン授業の状況を視察した。記者団に「未来を担う子どもにとって学校は極めて大事だ。安心して授業ができるよう、政府としてもしっかり支援したい」と語った。

 コロナの拡大で夏休み明けに臨時休校を実施する学校もある中、感染対策を講じながら学校活動を続ける重要性を確認する狙い。首相は「教職員へのワクチン接種や検査キット(配布)に対応していくことも再認識した」とも述べた。

 政府は、全国の小中学校などに抗原検査の簡易キットを最大約80万回分配布すると発表している。