国際車いすバスケットボール連盟は9日、東京パラリンピックの男子MVPに銀メダルを獲得した男子日本代表の鳥海連志(パラ神奈川SC)を選出したと発表した。インスタグラムのフォロワーによる投票で選ばれた。鳥海は自身のインスタグラムで「とてもとてもうれしく光栄です」と喜びをつづった。

 2016年リオデジャネイロ大会に続いて2度目の出場となった22歳の鳥海は、持ち点2・5と障害の程度が比較的重い“ローポインター”でありながら、攻守の要として1試合平均10・5得点、7・0アシスト、10・75リバウンドの活躍を見せた。(共同)