殺傷能力がある改造拳銃8丁と本物に似せた模造拳銃2丁を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課と愛知県警は10日までに、銃刀法違反の疑いで、名古屋市立中の元教諭で無職の高田広司容疑者(70)=同市天白区植田東3丁目=を逮捕した。「高校時代からモデルガンが趣味だった」と供述している。

 同課によると、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、高田容疑者が改造拳銃のようなものでビール缶などを打ち抜く動画が公開されており、捜査員が2月ごろに発見。7月5日に高田容疑者宅を家宅捜索し、改造拳銃などを押収した。モデルガンを改造して製造したとみられる。