DeNAが快勝した。一回に佐野の二塁打とオースティンの三塁打で2点を先制。その後もオースティンが三回に適時打、七回には適時二塁打を放つなど加点した。大貫が6回1失点で5勝目。広島は10残塁と打線がつながらなかった。