日本医師会(日医)の中川俊男会長は1日、東京都内で記者会見し、12日を期限とする新型コロナウイルス緊急事態宣言について「解除は難しいのではないか」と述べ、延長が必要との考えを示した。感染拡大と医療逼迫が続いており「長期戦を覚悟しなければならない」と話した。

 中川氏は、感染力の強いデルタ株はワクチン接種後の感染例も報告されており「新たな病気と考えるべきだ」と強調。換気や他人との距離を空けるなどの基本的な感染対策を徹底するよう国民に呼び掛けた。

 大阪市でコロナ患者受け入れ病院を運営する医療法人が経営破綻したことに関しては「あってはならないことだ」と話した。