気象庁は1日、前線や低気圧の影響で西日本から東日本は2日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、竜巻などの激しい突風、雷、ひょう、局地的な激しい雨に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線が本州付近を通って日本の東に延び、低気圧は朝鮮半島付近から東に進んでいる。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になりそうだ。