東京都は1日、建設、港湾、都市整備の各局が業務を委託していたコンサルタント会社が「ランサムウエア」と呼ばれるコンピューターウイルスによるサイバー攻撃を受けたと発表した。設計資料など多数のデータが暗号化されたほか、外部流出の可能性があるとしている。埼玉県や千葉県市川市も同日までに情報流出の可能性があると明らかにした。

 業務委託先はいずれも「オリエンタルコンサルタンツ」(東京都渋谷区)。同社によると、8月15日と19日の2回にわたって同社グループの複数のサーバーに対し、ランサムウエアによる攻撃があった。