沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京MXテレビの番組「ニュース女子」を巡る名誉毀損訴訟で、原告のヘイトスピーチ反対団体の辛淑玉共同代表が1日、東京都内で記者会見し、番組を制作したDHCテレビジョンに550万円の賠償の支払いを命じた同日の東京地裁判決を不服として、近く控訴する考えを示した。

 判決内容について「高額の賠償が認められたことは、人をおとしめる行為の抑止力になり、画期的だ」と評価。その上で、番組の司会を務めたジャーナリストへの賠償請求や、ウェブサイトからの番組削除請求などが棄却された点を控訴理由に挙げた。