財務省が1日発表した2021年4~6月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の経常利益が前年同期比93・9%増の24兆736億円で、2四半期連続でプラスとなった。1954年4~6月期以降で2番目の高水準となった。前年同期に新型コロナウイルス感染拡大で大きく落ち込んだ反動が出たほか、国内外の自動車販売が好調だった。

 同時に公表した20年度の経常利益は前年度比12・0%減の62兆8538億円だった。