女子の準々決勝で、日本は2018年世界選手権覇者のオランダに24―82で敗れ、4強入りを逃した。9月3日の5、6位決定戦に回り、1次リーグで敗れたカナダと再び顔を合わせる。

 2連覇を目指す米国はカナダに63―48で勝ち、ドイツはスペインを57―33で退けた。1次リーグB組1位通過の中国は英国を47―33で下した。

 9、10位決定戦はオーストラリアがアルジェリアに71―32で完勝した。

 準決勝の組み合わせはドイツ―オランダ、米国―中国となった。7、8位決定戦はスペインと英国が戦う。