俳優の綾瀬はるかさん(36)が新型コロナウイルスに感染し、肺炎の症状で入院したことを31日、所属事務所が発表した。回復に向かっているという。

 所属事務所によると、20日夜に微熱があったため抗原検査をし、翌日にはPCR検査も受けたが、いずれも陰性。その後も再び抗原検査をしたが、陰性だった。しかし、26日に改めて行った抗原検査では陽性に。自宅で療養していたが、肺炎の症状が見られたため東京都内の病院に入院した。

 綾瀬さんは9月に1回目のワクチンを接種予定だったという。