菅義偉首相は31日、自民党の二階俊博幹事長の交代を含む党役員人事を来週前半に実施する調整に入った。これに併せて内閣改造も行う方向だ。複数の関係者が31日、明らかにした。党内では、首相が党総裁選(9月17日告示、29日投開票)を先送りするため、一連の人事後の9月中旬に衆院解散に踏み切るのではないかとの観測が広がった。

 政権内では既に、首相が解散の権限を行使せず、衆院議員の任期満了(10月21日)に伴い次期衆院選を閣議決定する案が浮上している。解散、任期満了のいずれの場合も「10月5日公示、17日投開票」が軸となる。