日本郵便は31日、2022年用のお年玉付き年賀はがきの当初発行枚数を前年比約6%減の約18億3千万枚にすると発表した。11年連続の減少で、記録が残る04年用以降で最少となる。会員制交流サイト(SNS)の普及に伴って減少が続いており、新型コロナウイルス禍で企業が広告用を減らしたことも影響した。

 11月1日に発売し、配達の受け付け開始は12月15日を予定している。

 お年玉くじの1等賞品は30万円の現金や、31万円分の電子マネーギフトなどから選べる。抽せんは来年1月16日に実施する。